中近両用メガネで疲れる時に知ってほしい原因と解決策

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

中近両用メガネで疲れる原因

中近両用メガネの使用用途と目的が合っていなくて疲れる

中近両用メガネは4m程先から手元をまでをはっきりと見ることができるメガネです。
遠くをはっきりと見たかったり、手元を長時間見る場合は、使用用途が合っていないので、中近両用メガネで無理に見ようとすると疲れる場合があります。
中近両用メガネは視線を動かすことではっきりと見える距離が変わるメガネなので、手元を見る際は視線を下に動かさなければいけません。
中近両用メガネで手元を長時間見るためには、長時間視線を下にしたままにしなければいけません。
長時間、手元を見続ける場合は、老眼鏡を使用することで視線を下に動かさずに手元をはっきりと見ることができます。
メガネは使用用途や目的と合っていないと疲れる場合があるので、メガネを新しく購入する際は、メガネ店の販売員に使用用途や目的を出来るだけ詳しく伝えることをおすすめします。

中近両用メガネにまだ慣れていないから疲れる

中近両用メガネは視線を動かすことではっきりと見える距離が変わる累進レンズを使用したメガネです。
今まで、メガネを使用していなかった人や、累進レンズのメガネを使用していない場合、見たい距離に合わせて視線を動かすことに慣れるまでに時間がかかる可能性があります。
中近両用メガネは遠くを見る時に、レンズ上部の遠くがはっきりと見える部分を使い、近くを見る時に、レンズ下部の近くがはっきりと見える部分を使います。
中近両用メガネの使い方は、遠近両用メガネの使い方と類似しているので、遠近両用メガネを使用したことがある場合はすぐに慣れることができます。
以下の記事では遠近両用メガネに慣れるコツを詳しく紹介しています。

中近両用メガネの度数が合っていないから疲れる

中近両用メガネは通常、一人ひとりの眼の状態に合わせて作ります。
中近両用メガネの度数が眼に合っていないと、無理にはっきりと見ようとして眼に力が入る可能性があります。
中近両用メガネの度数が合っていないことが原因で疲れると感じる可能性があるので、度数が合っている中近両用メガネを使用することをおすすめします。

中近両用メガネのフィッティングが合っていないから疲れる

中近両用メガネのレンズにはフィッティングポイントがあり、フィッティングポイントと眼の瞳孔中心の位置が合っていないと見えにくくなります。
また、フィッティングポイントから上下に累進帯という度数が段階的に変化する部分があります。
中近両用メガネは視線を動かすことで、はっきりと見える距離が変化しますが、視線の動きと累進帯の位置がズレていると見えにくくなり疲れを感じる場合があります。
通常、中近両用メガネは、フィッティングポイントと眼の瞳孔中心の位置を合わせて作りますが、中近両用メガネを使用しているうちにズレる場合があります。
また、フィッテングが合っていないと、メガネのかけ心地が悪くなりメガネをかけていることに疲れを感じる場合もあります。

中近両用メガネで疲れる時の解決策

中近両用メガネを再フィッティングしてもらう

中近両用メガネを購入した眼鏡店で再フィッティングしてもらうことで、中近両用メガネで疲れを感じなくなる可能性があります。
メガネのかけ心地が悪い場合、メガネをかけていると疲れを感じる場合がありますが、再フィッティングすることでメガネのかけ心地がよくなり疲れにくくなる場合があります。
また、中近両用メガネはフィッティングポイントと眼の瞳孔中心の位置が合っていないと見えにくくなりますが、再フィッティングし、フィッティングポイントと眼の瞳孔中心の位置を合わせ直すことで見え具合が改善し、疲れを感じなくなる場合があります。
メガネは使用していると自然と変形していくので、定期的に購入した眼鏡店でメンテナンスを受けるおすすめします。

中近両用メガネの度数を変える

中近両用メガネの度数が合っていない場合、はっきりと見ようとして眼の周りに力が入って、中近両用メガネを使用していると疲れを感じるようになる場合があります。
中近両用メガネの度数が合っていない状態になった場合、度数の合ったレンズに交換することをおすすめします。
また、度数変化に気づきにくい可能性もあるので、定期的な視力測定をすることで中近両用メガネの度数が合っているのか確認することができます。

中近両用メガネのグレードを変える

中近両用メガネに使用されている累進レンズの特徴として、揺れや歪みがあり、加入度数が強くなると、揺れや歪みが大きくなります。
加入度数が強くなった場合、レンズのグレードを高くするとこで揺れや歪みを抑えることができます。
揺れや歪みが大きくなり、視野の狭さから疲れを感じる場合は、中近両用メガネのグレードを上げることで、疲れを緩和できる可能性があります。

中近両用メガネ以外のメガネを選択する

中近両用メガネは4m程先から手元までを見ることができるメガネですが、遠くがはっきりと見えなかったり、手元を長時間見る場合には不向きです。
メガネは使用用途を明確にすることによって、使いやすいと感じることができます。
中近両用メガネは、室内の使用に特化してレンズが設計されていますが、使用用途が合っていないのに、無理に使おうとすると疲れを感じる場合があります。
遠くから近くを見たい場合は、遠近両用メガネを、手元を長時間見たい場合は老眼鏡を使用することによって、疲れを感じにくくなる可能性があります。
メガネを購入する際は、使用用途や目的をメガネ店の販売員に詳しく伝えることをおすすめします。

中近両用メガネで疲れる時に知ってほしい原因と解決策・まとめ

中近両用メガネは使用目的と度数設定が合っている場合、疲れを感じることは少ないですが、使用目的や度数設定、フィッティングポイントなどが合っていないと、中近両用メガネの見え方に違和感を感じて疲れを感じることがあります。中近両用メガネを購入した時は違和感や疲れを感じなかったのに、違和感や疲れを感じ始めた場合は購入されたメガネ店に相談してみてください。中近両用メガネのメンテナンスをすることで、問題が解決する場合があります。また、必要な度数が変わっている場合は、度数を変更することで問題が解決することもあります。

また、以下の記事では中近両用メガネで気持ち悪いと感じる原因と解決策を詳しく紹介しています。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto

・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社有限会社北上
住所石川県金沢市四十万町イ152番地
郵便番号921-8133
お問い合わせ先076-208-3312