調光レンズのデメリット 色が変わるレンズのメリットとデメリット

Land&rutoは
金沢の完全予約制の眼鏡屋です。
ご来店の際はご予約ください。

調光レンズのデメリット

調光レンズは色が抜けるまで多少時間がかかる

調光レンズは紫外線を浴びるとレンズの色が濃くなる機能を持っています。この色の濃さは数十秒で変わる速さですが、色がクリアに戻るのには数分の時間が必要です。これは、紫外線浴び後の色の濃度変化に時間がかかるためです。この特性は、トンネルや地下駐車場といった暗所に移動する際の視認性を低下させる可能性があります。色の抜けが遅延すると、一時的に暗い場所での視界が制限され、これが身の危険に繋がるリスクが考えられます。特に、急に暗い場所に入った場合や、短時間で暗所から明るい場所への移動が多い場面では注意が必要です。一方、調光レンズはその使い方や状況に応じて大きなメリットを持っています。電車通勤やショッピング、アウトドア活動、スポーツ観戦など、屋外での活動や変動する光の環境下での使用では、自動的に色の濃度が調整されることで、目の負担を減少させることができます。これにより、日常生活やアクティビティを快適に楽しむことができます。

調光レンズはレンズが着色するタイミングを選べない

調光レンズは日光の強さや紫外線の量に反応して色の濃淡が変わるものですが、その色の変化は条件によっては思ったように機能しないことがある。例えば、障害物が少ない場所や太陽が真上にあるような時、レンズは十分に着色しないことがあります。また、日傘や帽子を使用して紫外線を直接ブロックした場合、レンズは色を濃くしにくいという特徴がある。この原因として、調光レンズが主に紫外線に反応するため、UVカットの性能を持つガラス越しや車内では、レンズが着色するのを防ぐ紫外線がカットされてしまうからです。特に車内は紫外線カットのガラスが多用されるため、調光レンズの色変化は少なく、運転には向かないと言われています。ただし、可視光に反応する調光レンズの場合、車内でも色の変化が期待できる。このような特性から、調光レンズを使用する場面や目的を選ぶことが必要です。視認性が必要な場面やフォーマルな場所での使用時には、レンズが望ましくないタイミングで着色するリスクを考慮する必要があります。

気温によりレンズの色の濃さが変わる

気温によってレンズのカラー濃度が変わる特性を持つ眼鏡が存在します。特に、夏と冬の間でその変化は20~30%の差が見られます。高温になると、多くの人はレンズの色が濃くなると予想するかもしれませんが、実際にはその逆です。夏の暑い日や気温が高い時期には、レンズの色はあまり濃くなりません。このため、暑い日にはレンズだけではまぶしさを十分に防ぐことができず、防眩効果が物足りなくなります。その結果、夏の強い日差しに対応するためには、サングラスの併用が推奨されるようになります。一方、低温時にはレンズの色が予想以上に濃くなることが特徴です。気温が低いと、レンズの色は非常に濃くなり、寒い日にはその変化が顕著になることがわかります。このように、気温とレンズのカラー濃度との関係は一般的なイメージとは異なるため、使用する際にはその特性を理解し、適切な対策を取ることが求められます。

使っていくうちに色の変化が鈍くなる

調光レンズは、光の量に応じて色を変える技術を持っています。しかし、レンズの前面にキズやコーティングの剥離が発生すると、この調光機能が失われることがあります。特にプラスチック素材のレンズは柔らかいため、キズが付きやすいのが難点です。キズが付いた場所は、使用しているうちに目立つようになり、色の変化が鈍くなることが明らかになります。一方、キズに強いガラス素材を使用したレンズでは、色の変化が少ないと言われています。しかし、キズがつきにくいガラス素材は種類が少なく、ガラスの調光レンズ自体がレンズの厚みによって色が変わる特性を持っています。また、コーティングの劣化も色の変化の鈍化の原因となります。コーティングの劣化は、経年変化や紫外線の影響で発色・退色スピードが低下します。このため、保管時の紫外線への露出防止や変色対策が非常に重要となります。調光レンズの寿命に関しても、経年変化とともに徐々に色が発色・退色しなくなるとされています。購入直後、1年後、2年後と使用していく中で変化の幅が減少し、1~2年後には明らかに色の変化を感じることが多いです。調光機能の一般的な寿命は約2〜4年、練り込みタイプのものは1年で劣化するとされ、黄ばみや着色劣化が現れることもあります。プラスチックレンズを使用している人の中には、通常3年以内に新しいメガネに買い替える人が多いと言われています。買い替えの主な理由としては、度数の問題やキズの発生が挙げられます。このように、様々な要因が絡み合いながら、レンズの色の変化が鈍くなる現象が発生していることが分かります。ユーザーとしては、正しいケアと使用方法で、レンズの持ち味を長く維持することが求められます。

レンズを片方だけ交換できない

調光レンズについて、片方のレンズだけを交換することは技術的には可能ですが、推奨される方法ではありません。その主な理由は、片方のレンズだけを交換すると、左右のレンズの色の濃度が異なり、均一性が失われてしまうからです。また、レンズは使用回数が増加すると中間の色味へと変化していく性質があり、この変化が左右で異なる場合、見た目にも明確な差異が生じてしまいます。このような左右の見た目の差異は、使用者の視覚的な不快感を引き起こすだけでなく、他者からの印象も悪くするリスクがあります。さらに、片方だけのレンズ交換の場合、経済的にも交換費用が非効率となる可能性が高まります。このような理由から、調光レンズは左右のレンズをセットで交換することが最も望ましいとされています。

裏面からの紫外線では発色しない

調光レンズは特殊な技術を持っており、その調光の成分はレンズの表面に位置しています。この構造のため、裏面からの紫外線に対しては発色の反応を示さないのです。つまり、裏面からの紫外線が照射されたとしても、レンズの色が変わることはありません。

水滴付着時の発色の違い

調光レンズの特性を考えると、水滴の付着は視覚的な影響を及ぼすことがあります。特に、レンズの発色に関しては、水滴の付着により光の屈折や拡散が生じることから、異なる発色を経験することがあります。この現象は、水滴がレンズ表面に存在する間だけ発生し、通常のレンズの発色とは異なる見え方をもたらすことがあります。しかし、この水滴による発色の変化は一時的なものです。レンズを拭き取ることにより、水滴が除去されると同時に、元の発色へと戻ります。したがって、調光レンズを使用する際には、水滴や雨などの外部要因による発色の変化に気をつけながら、定期的にレンズを清潔に保つことが、最適な視覚体験を得るための鍵となります。

干渉縞の発生

調光レンズは、光の強度を調整する技術を使用していますが、その性質上、光の干渉現象が起こることがあります。干渉とは、二つ以上の波が重なり合い、波の振幅が強まったり弱まったりする現象のことを指します。この現象は「干渉縞」として目に見えることがあります。特に、光の種類によっては、干渉縞がはっきりと目に見えることがあります。例えば、特定の波長や周波数を持つ光は、レンズの特定の部分で干渉縞が発生しやすくなります。これは、その光の波長がレンズの物理的な特性や厚みと関わって干渉が起こりやすくなるためです。

カラーの選択肢が少ない

調光レンズは特定の技術を利用しているため、カラーの選択肢が限られていることが多いです。その主要な理由の一つとして、調光レンズに染色を用いてカラーを付けることができない点が挙げられます。このため、通常のカラーレンズとは異なり、カスタマイズの幅が狭まることが多いのです。ユーザーは様々なカラーのオプションを求めることがあるかもしれませんが、調光レンズの特性上、その要望を満たすことが難しい場合があります。このような技術的な制約から、調光レンズのカラーの選択肢が少ないと感じることがあるでしょう。

可視光調光レンズは室内でも色がクリアにならないことがある。

可視光調光レンズは、その名の通り光の強さに応じて調光機能を持っているレンズです。多くの場合、屋外の強い日光などに反応して暗くなることで、目の保護を図ります。しかし、この調光機能は完璧ではなく、特定の条件下で室内でも色が十分にクリアにならないことが報告されています。この背景には、ガラスの調光レンズや可視光調光レンズを作製する際の技術的な制約が関わってきます。調光機能を持たせるための特定の素材や技術を利用することで、完全に透明な状態を実現するのが難しくなることがあります。そのため、作製可能なレンズの種類や範囲は限られてしまいます。この制約により、室内での使用時にも外の明るさや照明の強さ、さらにはレンズの角度や使用者の環境などによっては、レンズが完全にクリアにならず、若干の色が残ることが考えられます。総じて、可視光調光レンズは非常に便利な機能を持っていますが、室内での使用時に色が完全にクリアにならないことも理解しておく必要があります。

調光レンズのメリット

メガネとサングラスを使い分ける必要がない

調光レンズを採用したメガネは、今までのメガネやサングラスの使い分けとは一新された革命的なアイテムです。調光レンズは紫外線の量に応じて自動的に色を調節する特性を持ちます。これは紫外線に反応してレンズの濃度を変化させ、眼に入る光の量を最適化することで実現されます。具体的には、室内での使用時はほぼ透明なレンズとして機能し、屋外や強い日差しの中では適切なカラーに変わります。これにより、屋外での強い日差しから眼を守りながら、室内でもクリアな視界を確保できるのです。このような機能を持つため、調光レンズを装備したメガネを1本持っているだけで、サングラスとしての役割も果たせるのが最大の魅力。外出時や旅行中に別途サングラスを持ち歩く必要がなく、掛け替える手間も省けます。これは、特に外出の多い方や旅行好きな方にとって、非常に便利であることは言うまでもありません。そして、サングラスとメガネの2本持ちが不要になるため、経済的にもコストパフォーマンスが良いと言えます。結論として、調光レンズを使用したメガネは、サングラスとメガネの2役を1本で果たす画期的な商品です。日常の持ち運びが1本になるため、とても便利であり、コスパも良好です。

紫外線をほぼ100%カット

調光レンズは、色の有無に関わらず優れた性能を持っています。特に、紫外線に対する保護能力は注目すべき特徴の一つです。このレンズを使用することで、紫外線をほぼ100%カットすることができます。これにより、目を紫外線の有害な影響から確実に守ることが可能になります。したがって、日常の生活やアウトドア活動時にも、目の健康を維持するための最適な選択と言えるでしょう。

調光レンズは紫外線カットで目に優しい

調光レンズは目の健康を守るための重要な役割を果たしています。これは、調光レンズが紫外線カットの機能を持っているためです。紫外線は目に対して悪影響を及ぼすことが知られています。長時間の紫外線への露出は、目の疲れやさまざまな眼病のリスクを高める可能性があります。紫外線を効果的にカットすることで、調光レンズは目の疲れを和らげるだけでなく、眼の疲れや眼病の予防にも役立ちます。さらに、まぶしい光を軽減することで、長時間の作業や読書時の目の負担を減少させます。これにより、使用者はより快適に過ごすことができ、日常生活の質が向上します。総じて、調光レンズは紫外線カット機能を持ち、それによって目の疲れや眼病のリスクを低減させることができるのです。これは、私たちの目を守り、健康を維持するための重要な特徴と言えるでしょう。

多様なプラスチックレンズに対応

調光レンズに関する技術は近年、目覚ましい進化を遂げています。一般的な調光レンズはコーティングによりその特性を発揮し、多種多様なプラスチックレンズに対応しています。近年、眼鏡レンズの主流として台頭しているのがプラスチック製のレンズです。その理由としては、ガラス製のレンズと比べて軽量であり、また割れにくいという特性が挙げられます。この軽さとタフさから、プラスチック製レンズが多くのユーザーに支持されているのです。また、プラスチックレンズは色の変化スピードが非常に速く、ガラスレンズと比べて濃度差が出にくいのが特徴です。このため、調光レンズとの相性も抜群で、色の変化も非常にスムーズです。その結果、サングラスの色を選ぶ際の悩みも大幅に減少し、使用者の利便性が向上しています。さらに、プラスチックを使用することで、デザインの幅も広がっています。例えば、フチ無しのメガネも作成可能となり、多様なスタイルの眼鏡を楽しむことができるようになりました。調光レンズは多様なプラスチックレンズに対応しており、その組み合わせによって軽量でタフ、かつデザイン性の高い眼鏡を実現しています。これにより、日常生活での利便性とファッション性の両立が実現しているのです。

調光レンズのデメリット 色が変わるレンズのメリットとデメリット・まとめ

調光レンズには様々なデメリットがありますが、使用用途やシーンが合っていれば、メガネとサングラスを掛け変えることなく使うことができる眼鏡です。調光レンズを購入する前に調光レンズをデメリットを理解して、あなたが解決したい問題を調光レンズで解決することができるのか確認してください。調光レンズで快適な視生活を送れることを心から願っています。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto
・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社 有限会社北上
住所 石川県金沢市四十万町イ152
郵便番号 〒921-8133
電話番号 076-208-3312