メガネの跡の原因とメガネの跡を軽減する方法

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

メガネ跡が付く原因

鼻パッドによる圧迫

メガネ跡が付く原因の一つは、メガネの鼻パッドによる圧迫です。
この圧迫が血行不良や色素沈着を引き起こし、特に高齢者や冷え性の人、血流が悪い人では色素沈着が起きやすくなります。
また、鼻パッドが鼻に合っていない場合、不適切な当たり具合によって接地面に荷重が均一にかからず、メガネ跡がつきやすくなります。
鼻パッドの角度や幅が鼻の形に合わない場合、特定の箇所にだけ負荷がかかり、メガネ跡だけでなくへこみや痛みを引き起こすこともあります。
さらに、フィッティングが不十分な場合、メガネの重さが偏ってかかり、それがメガネ跡を形成する原因になることもあります。
理想的には、鼻パッドは鼻筋に沿ってフィットしている状態が望ましいです。
適切なフィッティングや鼻パッドの調整を行うことで、メガネ跡の問題は軽減されるでしょう。

長時間メガネを使用する

メガネを長時間使用すると、肌に跡が残ることがあります。
肌に跡が残るのは、メガネが長期間にわたって同じ部分に圧力を加え続けるためです。
さらに、加齢により肌の新陳代謝が低下すると、メガネの跡が目立ちやすくなります。
新陳代謝とは、古い細胞が新しい細胞に置き換わるプロセスのことで、若いときは約6週間で肌が生まれ変わりますが、加齢と共にこのリズムが乱れ、肌のハリや弾力が失われると、メガネの跡が残りやすくなります。

また、冷え性による血行不良もメガネ跡の原因として挙げられます。
冷え性で血液の流れが悪くなると、肌への酸素や栄養素の供給が不十分になり、老廃物や余分な水分が溜まりやすくなります。
これによりむくみが生じ、肌が圧力によりへこみやすくなり、メガネの跡が付きやすくなるのです。

メガネが顔に合っていない

メガネ跡が付く原因は、メガネのフィッティングが適切でないことに起因しています。
適切なフィッティングがなされていないメガネは、顔の形状に合わず、特に鼻パッドが強く当たることでメガネ跡を残すことがあります。
購入時に十分なフィッティングを行わないと、メガネが顔に適切にフィットせず、これがメガネ跡を作る原因になります。
また、長期間の使用によりメガネ自体の幅が広がったり、使用者の顔のサイズが変わることもあり、これがメガネ跡がつきやすくなる別の原因です。
片手でのかけ外しは、メガネのテンプル部分を不適切に広げることがあり、これもフィットの問題を引き起こします。
さらに、体型の変化に伴い、メガネが顔に合わなくなることがあり、これにより鼻パッドに重さがかかりやすくなります。
特に、体重の増加による顔の形の変化は、メガネがきつくなり、跡がつきやすくなる原因となります。
一体型の鼻パッドを持つフレームは特別な加工が必要で、これを調整するのは難しい場合があります。
また、使用中にメガネの幅が広がり、フィットしなくなることもあります。
幅が広がると、メガネの支えが不足し、重心がフロントに偏り、鼻元と耳に負担がかかります。
テンプルが耳にフィットしない場合も問題です。
テンプルの長さや曲げる位置、角度が不適切だと、メガネ跡がつきやすくなり、鼻元や耳が痛くなることがあります。
適切なテンプルの長さを選ぶことは、快適なメガネ使用のために非常に重要です。
フィッティングがズレていると、鼻パッドの圧が強まり、メガネ跡がつきやすくなります。
また、テンプルがズレると耳が痛くなることもあります。
したがって、メガネの幅が広がっている場合やテンプルが合っていない場合は、メガネ跡が付きやすくなるため、定期的なフィッティングの確認が重要です。

メガネが重い

メガネが重いとメガネの跡が付くことがあります。
メガネが重い場合、特に鼻への負担が大きくなり、メガネ跡が付きやすくなるのです。
メガネの重さは、レンズの素材や度数、フレームの素材と大きさによって異なります。
レンズやフレームが重たいと、鼻パッドにかかる力が増し、結果としてメガネ跡ができやすくなります。
また、メガネの重心がフロント側に偏っている場合、鼻元にさらなる圧迫をもたらします。
これが頻繁にメガネ跡を作る原因になることもあります。もしメガネの跡が頻繁にできる、または鼻に負担を感じる場合、メガネの重さが原因である可能性が高いです。
さらに、メガネの鼻あての幅や高さが自分の鼻に合っていない場合も、負担がかかり跡ができやすくなります。
重さによるメガネ跡の発生には個人差がありますが、一般的には軽いメガネを選ぶことで、鼻、耳、肩への負担を軽減できます。特に長時間メガネを使用する場合、疲れにくいため、軽量のメガネへの変更が推奨されています。
このように、メガネの重さは、快適な着用感だけでなく、メガネ跡の有無にも大きく関わっているのです。

メガネ跡の軽減方法

メガネを日常的に使用する方々にとって、メガネ跡は避けがたい悩みの一つです。しかし、適切な対策を講じることで、これらの跡を軽減し、時には完全に隠すことも可能です。

まず、メイクでのカバーは一番手軽な方法です。メガネをかけた後に生じるメイクのヨレや跡は、ファンデーション、ルースパウダー、コンシーラーでうまく隠すことができます。特に、補色のグリーンの下地を使用することで、赤みを効果的にカバーできます。ただし、これは一時的な解決策であり、メガネがズレることによるファンデーションのヨレを根本的に防ぐためには、メガネのフィットを調整するか、薄づきのファンデーションへの変更も考慮すべきです。

次に、マッサージはメガネ跡を軽減する効果的な方法です。特に、クリームを使用してのマッサージや蒸しタオルを用いることで、血行が促進され、メガネ跡が改善されます。目の周りはデリケートなので、アイクリームや美容液を使用し、摩擦を減らしながら優しくマッサージすることが重要です。

ピーリングもまた、メガネ部分の色素沈着に対して効果的です。古い角質を取り除くことで、スキンケアによる新陳代謝の促進が期待できます。ただし、目の周りは特にデリケートなため、ピーリング剤の使用方法や頻度には注意が必要です。

加えて、スキンケアの強化はメガネ跡を薄くする長期的な解決策となり得ます。ハイドロキノンやビタミンC誘導体などの美白成分が含まれる美容液の使用が推奨されます。これらは即効性はありませんが、長期間の使用により効果が現れることが期待されます。特に、洗顔後の保湿は重要で、肌にハリや弾力をもたらし、メガネ跡がつきにくくなります。

最後に、メガネをこまめに外すことも有効です。長時間の圧迫から鼻を解放することで血行が改善され、メガネ跡が目立たなくなります。また、鼻筋のマッサージを行うことで、さらに効果を高めることができます。

これらの方法を組み合わせることで、メガネ跡の悩みを大きく軽減することが可能です。自分のライフスタイルや肌質に合った方法を選び、快適なメガネライフを送りましょう。

メガネの跡を放置しておくとどうなるの?

メガネの跡を放置すると、見た目だけでなく健康にも様々な問題が生じる可能性があります。
多くの人はメガネ跡が時間とともに自然に消えると考えがちですが、実は放置することにはリスクが伴います。

メガネの跡は主に鼻元にメガネが強く圧迫されることで発生します。
跡ができるということは、鼻あてが当たる部分に強い負担がかかっていることを意味し、長時間その状態が続くと血行障害やむくみが発生する可能性があります。
また、跡が消えにくくなることや、ますます跡がつきやすくなることもあります。

さらに、メガネによる圧迫は目に十分な栄養や酸素が届きにくくなることで、目の疲れを引き起こす可能性があります。
また、負担が続くことで色素沈着が起こり、黒ずみやシミの原因になることもあります。
肌は外部刺激に対して保護のためにメラニン色素を生成しますが、継続的な負担でメラニンの排出が追いつかずに沈着することがあります。

重いメガネを使用している場合、鼻あて部分がへこんでしまうこともあります。
メガネ跡は長期間残ることもあるため、気づいたらすぐに対処することが重要です。
これには、メガネのフィットを調整したり、定期的にメガネを外して肌に休息を与えたり、圧迫されている部分のスキンケアを強化することが含まれます。

このように、メガネの跡を放置することは多くのリスクを伴います。
適切な対策を取ることで、これらの問題を防ぎ、健康な肌と快適な視力を保つことができます。

メガネ跡の対策方法

メガネ跡の対策にはいくつかの重要な方法があります。
まず、鼻パッドの変更を考慮することが有効です。
シリコンやエアクッションなどの肌に優しい素材に変えることで、跡を軽減できます。
また、鼻パッドのサイズや形状を調整することで、メガネの重さが分散され、跡ができにくくなります。

次に、メガネ自体を軽量化する方法があります。
軽いフレームや薄型レンズを選ぶことで、鼻部分への負担が軽減され、メガネ跡がつきにくくなります。

さらに、定期的なメガネの調整も重要です。
3ヶ月に1回程度、専門店でフィッティングを受けることで、顔に適切にフィットし、メガネがずり落ちたり、跡ができたりするのを防ぐことができます。

鼻パッドがないメガネの使用も一つの選択肢です。
これらのメガネは、頬骨や側頭部で支えられるため、鼻部分への圧力が軽減されます。

最終的な対策として、コンタクトレンズの使用も考慮できます。
メガネをかけない時間を増やすことで血行が改善され、メガネ跡が薄れる可能性があります。

これらの方法を適宜組み合わせることで、メガネ跡の問題を効果的に軽減することができます。

メガネの跡の原因とメガネの跡を軽減する方法・まとめ

メガネを使用している人なら一度は気にしたことがあるメガネの跡
メガネを使用し続けるのならある程度のメガネ跡はしかたないと割り切る必要があるかもしれません。
しかし、メガネ跡を極力目立たなくさせる方法はあります。
メガネの重量を軽くしたり、メガネ店でメンテナンスを受けることが最も簡単です。
メガネを購入したあとも、定期的にフィッティング調整などのメンテナンスを継続することで、メガネ跡を極力減らすことができます。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto

・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社有限会社北上
住所石川県金沢市四十万町イ152番地
郵便番号921-8133
お問い合わせ先076-208-3312