100均の老眼鏡は大丈夫?100均の老眼鏡をうまく使う方法

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

100均の老眼鏡は大丈夫?

メガネ店を利用しない場合、100円ショップや雑貨店で販売されている出来合いの老眼鏡を使用することが多いですが、あまりにも安いので不安に思う人もいるかもしれません。
結論を言うと、100均の老眼鏡は長時間の使用には向いていません。
安価な既製品の老眼鏡は一時的に近くの物をはっきりと見たい時に使用することをおすすめします。

100均の老眼鏡の特徴として、何よりも安いという特徴があります。
メガネ店でオーダーメイドの老眼鏡を購入する場合、100均で老眼鏡を購入するのと比べると何十倍から何百倍も価格が高くなります。
100均の老眼鏡とメガネ店の老眼鏡の違いは価格だけでなく、度数の違い、レンズの違い、メガネフレームの違いがあります。

まず、度数の違いですが、100均の老眼鏡と違い、メガネ店の老眼鏡は多くの場合、一人ひとりの眼に合わせて度数を設定しています。
100均の老眼鏡などの既製品の老眼鏡のほとんどは、左右に同じ度数のレンズが入っていますが、両目とも同じ度数が最適な人は稀です。
また、度数の選択できる幅も狭く、+1.0~+2.5の4段階からしか選ぶことができません。
乱視などがある場合は、既製品の老眼鏡では対応できない場合もあります。
度数の合っていない老眼鏡を長時間使用すると眼精疲労や頭痛などを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

また、100均の老眼鏡と違い、メガネ店の老眼鏡は使用されているレンズも違う場合があります。
メガネ店でオーダーメイドの老眼鏡を購入する場合は、レンズの選択肢も多く、高価にはなりますが、より見えやすい老眼鏡専用レンズなども選ぶことができます。
そしてなによりも、レンズのフィッティングポイントと瞳孔中心合わせてメガネを作るので、レンズ本来の性能で見ることができます。
既製品の老眼鏡の場合は、多くの場合、レンズフィッティングポイントと瞳孔中心をあわせることはできません。
レンズのフィッティングポイントと瞳孔中心があっていないと見えにくい老眼鏡になってしまうので注意が必要です。

そして、100均の老眼鏡と違い、メガネ店の老眼鏡はメガネフレームがかけ具合を調整できる場合が多いです。
老眼鏡を長時間使用する場合にメガネのかけ具合は非常に重要で、かけ心地が悪いと耳の後ろが痛くなるなど、老眼鏡をかけることで不快感を感じることもあります。

しかし、100均の老眼鏡は安くて手軽なので、老眼鏡をいくつも用意したい場面に適しています。
例えば、一時的に使用したい時に、よく使用する場所に置きメガネとして100均の老眼鏡を用意しておくと老眼鏡を持ち運ばなくていいので便利です。
また、緊急時や急ぎの場合、既製品の老眼鏡はレジで会計を済ませたらすぐに使用することができるので便利です。

100均の老眼鏡の選び方

老眼鏡を選ぶときに一番重要なポイントは、使用用途を明確にすることです。
老眼鏡の度数を設定する際に重要なのは、どのくらいの距離ではっきりと物を見たいか明確にすることです。
そして、老眼の症状を感じ始めて、はじめて老眼鏡を購入する場合は、必ず眼科へ行き眼の状態を確認してください。
あなたは老眼の症状だと感じていたとしても、実際には老眼ではなく、他の視覚問題の可能性もあります。

100均の老眼鏡に限定して老眼鏡を選ぶ際は、選択肢はかなり狭まります。
まず、100均の老眼鏡は長時間の使用には向いていないので、一時的に使用する場合に100均の老眼鏡を選んでください。

100均の老眼鏡は多くの場合、『+1.00』から『+2.50』までの4段階からしか度数を選ぶことができません。
老眼鏡の度数は強くなればよく見えると勘違いされていますが、実際は度数を強くしてもよく見えるわけではありません。

老眼鏡の度数は、強くなれば強くなるほど、はっきりと見える距離が近くなります。

以下の記事では老眼鏡の度数の目安について詳しく紹介しています。

以下の記事では老眼鏡の選び方について詳しく紹介しています。

100均の老眼鏡をうまく使う方法

100円ショップで手に入る老眼鏡は、日常生活における便利なツールとして非常に有用です。

まず、100円ショップの老眼鏡は短時間の使用に最適です。
たとえば、レストランでメニューを確認する際など、一時的に文字をはっきりと読みたい場面で大変役立ちます。
また、低価格で手軽に試すことができる「お試し用」として理想的です。

100円ショップの老眼鏡の大きな利点は、その安さから複数を購入し、家の様々な場所に置いておくことができることです。
リビング、キッチン、寝室など、必要な場所にそれぞれ配置することで、いつでも手軽に使用することが可能です。

また、メインの老眼鏡を忘れた時の予備や外出時の応急措置として持ち歩くのにも便利です。
このようにして、日常生活の中での小さな困りごとを解決する手助けをしてくれます。

しかし、これらの老眼鏡を使用する際には注意が必要です。
視界がぼやけたり、頭痛や不快感を感じた場合は、すぐに使用をやめることが大切です。
100円ショップの老眼鏡は一時的な解決策であり、長時間の使用や細かい作業には適していないことを理解し、適切に使用することが重要です。

このようにして、100均の老眼鏡を上手に利用することで、日常生活を少しでも快適に過ごすことができます。

100均の老眼鏡は大丈夫?100均の老眼鏡をうまく使う方法・まとめ

100均の老眼鏡は、一時的に使用したい場合に、リーズナブルで気軽です。
しかし、長時間使用したい場合には、デメリットが目立ちます。
100均の老眼鏡は、緊急時やサブの老眼鏡として利用することをおすすめします。
メガネ店で購入できる老眼鏡は高価ですが、その価格だけの価値があり長時間の使用にも向いています。
使用用途を考慮して、100均の老眼鏡を上手に利用していきましょう。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto

・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社有限会社北上
住所石川県金沢市四十万町イ152番地
郵便番号921-8133
お問い合わせ先076-208-3312