老眼鏡必要?近視の人のための老眼対策

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

近視の人が老眼になったらどうなるの

近視の人は老眼にならないという誤解をしている人が多くいます。
老眼は誰にでも訪れる、加齢に伴って手元がはっきりと見えにくくなる現象です。
老眼の症状が現れた場合、老眼鏡は手元や近くをはっきりと見るために、誰でも使います。

近視の人の多くは老眼が軽度な場合、メガネを外すことによって、手元や近くをはっきりと見ることができるので、老眼鏡がないと近くや手元をはっきりと見ることができなくなるまでに、近視でない人との時差があります。
近視の人は、メガネを外すことによって、近くをはっきりと見ることができるので、近視の人は老眼鏡がいらないという誤解が生じています。

また、近視の人は老眼の症状として、遠くを見るためのメガネを掛けていると近くの小さい文字が見えにくくなるといった問題を抱えることがあります。

老眼と近視は、ものが見えづらくなるという点で似ていますが、見えづらくなる場所が遠くなのか近くなのかといったように、違いがあり、見えづらくなる原因も違います。また、老眼と近視両方になるという可能性もあります。

近視の人が老眼を感じるきっかけとして、新聞や本を見る際に遠ざけた方が見やすい、薄暗くなると視界がぼやける、遠くから近く、近くから遠くへ視線を動かしたときにピントが合うまでに時間がかかる、今までよりも眼が疲れやすいなどがありますが、近視の人は老眼になったとしても症状を自覚しにくいので、医療機関などでの定期的な視力チェックなどで眼の状態を把握しておくことが重要です。

近視の人が老眼になった場合に使用する老眼鏡の種類

近視の人が老眼になった場合、近くをはっきりと見るために老眼鏡などにメガネをかけかえるか、遠近両用メガネを使って、メガネを掛け外すことなく遠くと近くを見えるようにすることで、老眼の症状を軽減することができます。

近視の人の多くはすでに近視用のメガネを使用しているので、遠くをはっきりと見ることができていますが、近くが見えづらくなった場合、近視用のメガネでは近くをはっきりと見ることはできません。
近視用のメガネは、単焦点レンズを使用しているので、一つの距離をはっきりと見ることはできますが、遠くをはっきりと見るためにレンズの度数を設定すると、近くをはっきりと見るために度数を設定することはできません。
近視用のメガネのように、老眼鏡は単焦点レンズを使用しているので、一つの距離をはっきりと見ることしかできないので、近くをはっきりと見えるように度数を設定すると、遠くをはっきりとみることはできません。
遠近両用メガネなどは、累進レンズを使用しているしているので、一枚のレンズの中に複数の度数を設定することができ、一つのメガネで遠くと近くの両方を視線を変えることで見ることができます。
しかし、累進レンズは単焦点レンズよりも高価であり、視野の範囲も単焦点レンズの方が広いといった特徴があります。
老眼の対策として使用できるメガネの選択肢は様々ですが、使用用途や目的を明確にすることによって、最適な老眼鏡の種類は変化します。

以下の記事では遠近両用メガネについて詳しく紹介しています。

近視の人の老眼鏡の選び方

近視、遠視にかかわらず、はじめて老眼鏡を作る場合は、眼科へ行き眼の状態を確認してから老眼鏡を作ることをお勧めします。

近視の場合、遠くが見えにくいのですでにメガネを使用している方が多いと思います。
近視の人が老眼鏡を選ぶときに大きく分かれるポイントは、手元だけが見える老眼鏡を作るのか、遠くも近くも見える遠近両用メガネを作るかというポイントです。
近視の人は遠くがすでに見えにくい状態なので、近くを見るために老眼鏡にかけ変える必要があります。
手元しか見ることができない単焦点レンズを使用した老眼鏡を使う場合、メガネを複数持ち歩く必要があります。
遠くも近くも見える累進レンズなどを使用した遠近両用メガネを使う場合は、一つのメガネで見ることができるので、メガネを複数持ち歩く必要がありません。
しかし、累進レンズはレンズの特性上、単焦点レンズに比べて視野が狭くなる傾向があるので、手元を長時間みることが多い場合は単焦点レンズを使用した老眼鏡を、遠くと近くの視界の切り替えが多い場合は、遠近両用メガネなどの累進レンズを使用したメガネをおすすめします。

以下の記事では老眼鏡の選び方を詳しく紹介しています。

近視で老眼の人が快適に老眼鏡を使用するためのポイント

近視と老眼を同時に抱える人が老眼鏡を快適に使用するためには、日常生活の中でいくつかの重要な点に注意を払う必要があります。

まず、眼に負担をかけないための対策として、日頃の姿勢や照明環境を見直すことが重要です。不適切な姿勢や暗い環境でのスマホの使用は、目に不必要なストレスを与え、近視や老眼の悪化につながる可能性があります。このため、日常生活での習慣を見直し、目への負担を減らすことが求められます。

次に、姿勢を正すことは、目への負担を減らすために非常に効果的です。机に向かう際には背筋を伸ばし、膝や肘を直角に保ち、お腹と机の間にスペースを作ることで、目に最適な距離を保つことができます。また、寝転がっての読書やテレビ視聴は、近視の進行や視力差のリスクを増加させるため、避けるべきです。

適度な明るさの中で過ごすことも大切です。暗い場所での目の使用は目への負担を増加させるため、300ルクス以上の適切な明るさを確保することが推奨されます。LEDライトや白熱電球の明るさを調節し、目に優しい環境を作ることが望ましいです。

また、定期的に目を休めることが非常に重要です。タブレットやスマホ、パソコンの長時間使用は目の疲労を引き起こすため、1時間ごとに10分から15分の休憩を取ることが勧められます。休憩中には遠くを見たり、まばたきや眼球運動を行うことで、目をリフレッシュさせることができます。「ポモドーロ・テクニック」を利用して、集中と休憩のバランスを取ることも一つの方法です。

最後に、目を温めることも目の健康には有効です。ホットタオルや市販のホットアイマスクを使用して目を温めると、血流を促進し、筋肉の緊張を和らげることができます。

これらの対策を実践することで、近視と老眼を抱える人々は老眼鏡を快適に使用し、日々の生活をより快適に過ごすことができるでしょう。

近視の人が老眼になったらどうなるの?対策方法の紹介・まとめ

近視の人は老眼にならないという誤解がありますが、老眼は誰にでも訪れる加齢に伴う変化です。近視用のメガネを外した方が、手元が見やすいなどの老眼の症状を感じ始めたら早めに眼科へ行き、あなたの眼の状態を確認してもらいましょう。老眼を我慢していると、眼の疲れから、頭痛などを引き起こす可能性もあります。近視の場合、老眼の症状に気づきにくい場合もあるので、定期的な視力チェックが重要です。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto

・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社有限会社北上
住所石川県金沢市四十万町イ152番地
郵便番号921-8133
お問い合わせ先076-208-3312