中近両用メガネで運転するのが危険な理由

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

中近両用メガネでは運転はできない

中近両用メガネで運転はできません。
運転中には遠方の情報を迅速に適切な判断をすることで安全に運転することができます。
しかし、中近両用メガネは室内での使用を想定しているので、遠くが見える距離を最大で4m程までしか見えません。
なので、中近両用メガネでは遠方の視界が十分に見えないので、中近両用メガネを使用して安全な運転はできません。

日本の道路交通法第23条には、運転の適性試験の一環として「視力」「色覚」「深視力」「聴力」「運動能力」の5つが定められていますが、視力に関しては視力検査によって確認されます。
運転免許の視力検査では、裸眼、遠く用メガネ、遠近両用メガネ、コンタクトレンズなど、視力を矯正する方法は問われませんが、一般矯正視力を含む視力が0.7以上(免許の種類によっては0.8以上)であれば合格とされますが、中近両用メガネでは合格することは難しいです。

また、中近両用メガネは運転では使用できませんが、外出時に使用できないわけではありません。
スーパーマーケットなどの室内で商品や値札を見る時に便利です。
4m程先までしか見ることはできませんが、安全が確保されている室内なら運転のような危険はありません。

外出時は中近両用メガネだけを使用するのではなく、遠く用のメガネや遠近両用メガネなど、複数のメガネを使用することで安全を確保することができます。

運転をするなら中近両用メガネではなく遠近両用メガネで

中近両用メガネで運転をすることはできませんが、遠近両用メガネなら遠くも近くも見えるので運転をすることができます。
遠近両用メガネなら、車内のメーターやカーナビ、遠くの標識などを一つのメガネで見ることができます。
以下の記事では遠近両用メガネでの運転について詳しく紹介しています。

中近両用メガネで運転するのが危険な理由・まとめ

中近両用メガネで運転することは危険です。中近両用メガネは4m程先までしか見ることができないのが理由です。
運転をする際は、遠く用のメガネや遠近両用メガネなどの遠くをはっきりと見ることができるメガネを使用することで安全を確保できます。
中近両用メガネは使用用途が合っていればとても便利なメガネです。
外出する時に中近両用メガネを使用したい場合はメガネを使い分けることがおすすめです。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto

・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社有限会社北上
住所石川県金沢市四十万町イ152番地
郵便番号921-8133
お問い合わせ先076-208-3312