メガネで目が小さく見える理由と目が小さく見えないようにする方法

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

メガネをかけるとどうして目の大きさが変わるの?

メガネをかけて、眼が小さく見える現象は多くの場合、近視用のメガネを掛けている時に起こります。
近視用のメガネには凹レンズが使われていて、凹レンズを通して物を見た時に小さく見えるという特性のせいで目が小さく見えてしまいます。
また、レンズの度数が強くなると、変化も大きくなる特徴があるので、近視の度数が強いとより小さく見えることになります。
凹レンズは中心が薄く、レンズのフチに向かって厚くなっており、光がレンズの厚い方から薄い方に引っ張られて収縮するプリズム効果によって目が小さく見えています。
強度の近視の場合は、目が小さく見えるだけでなく、顔の輪郭も小さく見える可能性もあります。

その反対で、遠視用のメガネを掛けると眼が大きく見るようになります。
遠視用のメガネには凸レンズが使われていて、中心が厚くレンズのフチに向かって薄くなっています。
凸レンズは虫眼鏡にも利用されており、虫眼鏡を通してみると物が大きく見えるのはこのためです。

凸レンズにしても、凹レンズにしても度数が強くなればなるほど見え方の変化が大きくなります。
凹レンズの場合、度数が強くなると、レンズのフチが厚くなるので、メガネの重量が重くなったり、細身のフレームを使用するとレンズの厚みが目立つなどの可能性もあります。

メガネで目が小さいとみられにくくする方法

メガネを掛ける際に、目が小さく見えるのを避ける方法には、いくつかの工夫があります。
これらの方法は、錯覚の原理や個人の特徴を活用して、目を自然に大きく見せるのに役立ちます。

まず、エビングハウス錯覚を利用する方法があります。
これは、レンズのサイズを小さくすることで目が小さく見えにくくなります。
また、目の形に近いレンズフォルム(オーバル、ラウンド、ボストンなど)を選ぶことも効果的です。
自分の目の形に合わせて、目とフレームの空間が狭まるようなデザインを選びましょう。

次に、目の錯覚の効果を利用します。
これは、目の色よりも濃い色やはっきりした色のメガネを選ぶことによって、目を強調する方法です。
特に、メタルフレームよりもセルフレームが推奨されます。
また、ゴールドや薄いピンクよりもブラック、ブラウン、ネイビーなどの濃い色が効果的です。

フィッティングも重要な要素です。
メガネのサイズやフレームの調整、ノーズパッドの素材や位置などが、目とメガネとの適切な距離を保つ上で重要になります。

メイクを工夫することも有効です。
メガネの形に合わせたアイメイク、フレームの太さに合わせたメイク、眉毛とメガネのバランスを考慮することが、目をより大きく見せるのに役立ちます。
特に、「囲み目メイク」は目を強調するのに有効で、茶色がおすすめです。

最後に、髪型の変更も考慮に入れると良いでしょう。
メガネと合わせるヘアスタイルを工夫することで、顔の印象が大きく変わります。
男性はセンター分けやオールバック、女性は額を出したヘアスタイルがおすすめです。

これらの方法を組み合わせることで、メガネをかけても目が小さく見えにくくなり、より魅力的な印象を与えることができます。
自分に合ったスタイルを見つけて、快適なメガネライフを楽しんでください。

目が小さいとみられにくいメガネの選び方

「目が小さいと見られがちな方のためのメガネ選び」では、いくつかの重要なポイントに注意することが求められます。

まず、小さなレンズのフレームを選ぶことが基本です。
エビングハウス錯視に基づくこのアプローチは、小さなレンズで目が小さく見えにくくするというものです。
目の形に近いレンズフォルムを選び、フレームと目の間の空間を狭めることが重要です。
この方法の利点として、薄いレンズ断面と軽量性があります。
特に近視用のメガネでは、レンズが中心から周辺に向かって厚くなるため、小さいフレームを選ぶことで、不必要な厚みを避けることができます。

次に、レンズの横幅が狭いフレームを選ぶことです。
目元の輪郭が目立たないようにするため、レンズの横幅をチェックすることが大切です。
レンズが顔の輪郭にかかると、目が小さく見えがちですが、輪郭が入らない程度の小さめのフレームを掛けることで、この問題を解消できます。
横幅が狭く、輪郭に被らないフレームが理想的です。

また、フレームの色が濃いものを選ぶことも効果的です。
デルブーフ錯視を利用し、濃い色のフレームで目を大きく見せることができます。
目の色よりも濃い色、はっきりした色を選ぶことが推奨され、メタルフレームよりもセルフレームを選ぶとより効果的です。

さらに、屈折率が高く薄いレンズを選ぶことも大切です。
近視用の凹レンズは屈折率が低いと厚くなり、目が小さく見えるため、屈折率が高く薄いレンズを選ぶことが重要です。

最後に、頂点距離を短くする、瞳との距離が近いメガネを選ぶことが重要です。
瞳との距離が近いメガネは目を小さく見せないため、目とレンズの距離に注意して選ぶことが望ましいです。
適切なフィッティングが重要となります。

これらのポイントを押さえることで、自分に合ったメガネを選び、自然でバランスの取れた美しい顔立ちを演出することができます。

メガネで目が小さく見える理由と目が小さく見えないようにする方法・まとめ

メガネをかけることで目が小さくなってしまうことの根本的な解決策はありませんが、錯視などを利用して、目が小さいと感じにくくする方法はあります。
しかし、見られ方を重視することが理由で、度数を弱めたり、適切な度数のメガネをかけないというのは絶対に避けるべきです。
レンズの厚みなどが気になる場合は、薄いレンズを使用したり、出来上がりの見た目を薄くすることができるレンズなどの販売されています。
自己判断するのではなく、メガネの専門家にアドバイスを求めながら納得できるメガネが見つかることを心から願っています。

Land&rutoは完全予約営業です。
ご来店の際はご予約ください。

関連記事

店舗情報

Land&ruto

・〒 912-8133 石川県金沢市四十万町イ152
・☎ 076-208-3312
・営業時間 9:30~19:00
・完全予約営業 不定休

Land&ruto店長

Land&ruto店長 北上寿一

石川県金沢市の完全予約制の眼鏡店 Land&rutoでメガネを販売しています。
メガネ専門店、大手チェーン店、コンタクトレンズ販売店を経て2005年開業。時代の流れに合わせて変化するメガネのニーズに対応するため日々努力しています。眼鏡作製技能検定 1級眼鏡作製技能士

運営会社情報

運営会社有限会社北上
住所石川県金沢市四十万町イ152番地
郵便番号921-8133
お問い合わせ先076-208-3312